新着情報

【髪ケア】髪の乾燥ケアについて

【髪ケア】髪の乾燥ケアについて

冬は気温が下がり空気中の水分量が少なくなり
乾燥が気になり、いつも以上に肌の
お手入れなどに気を付ける季節ですね。

肌のお手入れも大事ですが、
髪のお手入れもしていますか?

髪の毛の乾燥をそのまま放っておくと、
せっかくキレイにしているヘアスタイルが台無しになってしまうことも…

今回は乾燥する原因とオススメの髪の毛の乾燥対策をご紹介いたします!


【なぜ冬は髪の毛が乾燥するのか】
原因①暖房の影響
・・・冬はどこに行っても暖房が付けられています。
髪の毛にとっては暖房の風にあたることで水分がなくなり、乾燥していってしまいます。
学校や職場などで暖房の風が当たりやすい席に座っている方は特に注意が必要です。

原因②お風呂の際のお湯の温度
・・・冬のお風呂は寒く、ついお湯の温度を高めに設定しがちですが
あまり高い温度でシャンプ―をしたりすると肌が乾燥してしまいます。
熱い温度で洗うことで必要以上に油分を流してしまうためです。
油分がなくなり、そこから水分が抜け、乾燥する、といった流れができてしまいます。

原因③ドライヤーの時間
・・・必要以上にドライヤーを当てすぎると乾燥しすぎてしまい、
洗い立てで潤いのある髪があっという間に乾燥してしまいます。


手触りがざらざらする、よく髪の毛が絡まる、髪の毛がまとまらない といった
症状を感じている場合には髪の毛が乾燥している証拠なので後に記載する対策で
ケアをしていきましょう。



【おすすめの対策】
■湿度の調整
・・・加湿器などを使い、室内の湿度を高めておくことも効果的です。
大体50~60%を保っておくと効果的です。
※高すぎると壁や窓に結露が生まれ、放っておくとカビの原因になりますので
適切な湿度を保ちましょう

■保湿ケア(トリートメントやヘアオイルを使用する)
・・・油分を与えることで髪表面がコーティングされ、水分の蒸発を防ぐことができます。

■頭皮マッサージ
頭皮の血行を良くする為に頭皮マッサージが効果的です。
マッサージにより毛穴の汚れを落としたり、フケやかゆみ、抜け毛予防にも効果があります。
頭皮を健康な状態に保つ事で、美しい髪が生えやすくなります。

■ドライヤーの使い方
まずはタオルドライで髪の水分を十分に取り除いてから、
毛先中心にアウトバストリートメントやヘアオイルを塗ります。
そしてドライヤーは髪の根元からかけていきましょう。

このとき注意したいのは、ドライヤーと髪の間の距離。
近すぎると髪が熱で痛むので、20cm以上離すことがポイントです。

温風で髪が乾いたら、最後に冷風を髪全体にかけましょう。
冷風をあてることでキューティクルが引き締まり、髪の水分が蒸発しにくくなります。


その他ヘッドスパも有効です。
ヘッドスパで得られる効果は、頭皮環境の改善と栄養補給です。
パサつきのない美しい髪を作るためには、まず頭皮環境を良くすることが大切になります。
そのため、髪のトラブルを解決するには、ヘッドスパによる頭皮ケアが効果的なのです。

かっとマンでは
●ヘッドスパ
●ドライヘッドスパ   の2種類をご提供させていただいております。
ヘッドスパはカットと合わせて6,000円(税込)
ドライヘッドスパは1,300円(税込)でご提供しております。

ご予約はこちらから【予約フォーム】